report - 現場管理レポート


長沼町の家

report - 現場管理レポート

 吉祥寺の家 現場リポート

 

2007/12/1 地鎮祭
2007/12/1 地鎮祭

いよいよ地鎮祭です。

これから現場が始まります。

神主さんにおいでいただき、神様に家を建てることを報告し、 工事の無事と、ここでの幸せな暮らしを祈願します。

日本にはまだまだ、良いしきたりが残っているのです 。

 

無事、いい家になりますように。

 

2007/12/10
狭隘道路後退のための工事-1
2007/12/10 狭隘道路後退のための工事-1

工事が始まりました。

この敷地は、西と東が道路に接しています。

そのうちの東の道路が4mよりも狭いために敷地境界線を後退させて、道路を広げなくてはなりません。

敷地と道路の段差が90pほどあるので、鉄筋コンクリートで擁壁を作ります。

(写真)地面を掘ったところ。

地面から80pほどのところに関東ローム層が見えます。 上の黒土も締まっていて、なかなかいい地盤。

 

2007/12/17
狭隘道路後退のための工事-2
2007/12/17 狭隘道路のための工事-2

引き続き、道路後退工事。

鉄筋が組みあがり、型枠を組んだところ。

しっかりダブル配筋しています。

 

2007/12/25 根切り
2007/12/25 根切り

 

さて、建物の基礎工事に取り掛かりました。

べた基礎を作ります。

(文字通り、べったりと全体が一体になった基礎のことを言います。 面で支える基礎です。)

まずは、基礎の形に土を掘って、そこに砕石を敷いて、転圧機で 地面を締め固めます。

写真左の小さい芝刈り機のようなのが転圧機。

2007/12/28 基礎配筋
2007/12/28 基礎配筋

 

基礎の形に整った土の上に防水シートが2重に張ってあります。 しっかり重ね代も15センチ以上とられてます。

これで床下に湿気が上がってくるのを防ぐのです。

鉄筋の配筋も始まっています。

 

年内は、配筋まで。しばらくお休みです。

 

2008/1/7 基礎の配筋検査
2008/1/7 基礎の配筋検査

 

年が明け、今日は、基礎の配筋検査です。 鉄筋の太さ、間隔、継ぎ目の重なり寸法、

コンクリートのかぶり厚 (鉄筋からのコンクリートの厚み)をチェックします。

適切な配筋により、初めて求められる基礎の耐力が発揮できるのです。

また、かぶり厚を適切に取ることで、年月が経って鉄筋の腐食が進んで 基礎の耐力が低下するのを防ぎます。

この次に、コンクリートを流し込みます。

 

2008/1/19 上棟
2008/1/19 上棟

今日は、上棟です。

去年から、大工さんが作業場で刻んでくれていた、柱、梁をくみ上げます。

ちょっと、複雑な形なので、大工さんに苦労かけました。時間も少し掛かりました。

でも、無事、上棟。よかった。

目の前に現れた骨格は、生まれたばかりなのに、ちゃんと大人の形をしている 馬の赤ちゃんと少し似ています。

寒い中、皆さんひとまずありがとうございました。

建て主さんの作ってきてくださった豚汁が身にしみわたりました。

 

2008/1/29 屋根下地
2008/1/19 上棟


まずは最初に、軸組みを筋かいで補強し、屋根をつくります。

屋根のすぐ下、垂木の間に入っている青いのは、スタイロフォームという発泡スチロールのような断熱材。 これで、屋根からの熱を防ぎます。

断熱材と屋根の鉄板の間には、スリット状のの隙間があって、空気が通り抜けるので、夏の熱気はこの空気層によっても遮熱されるのです。 (中写真)

右写真、網の入っているスリット部分が屋根通気の入り口です。

 

 

2008.2.2. 建て主との打ち合わせ
2008.2.2. 建て主との打ち合わせ

今日は、建て主と一緒に現場を訪れました。

まだ、裸ん坊の家なので、意識がなかなか空間にまで及ばないかもしれませんが、

周りの家との関係は、大体掴んでもらえたのではないかと思います。

計画している窓の位置、大きさ、高さをこの段階でもう一度確認します。

ひとつひとつ、慎重に。

 

2008.2.5. 屋根板金工事
2008.2.5. 屋根板金工事


板金屋さんの大宝さん親子が屋根を葺いています。

ガルバリュウム鋼板の縦ハゼ葺です。

この葺き方は、瓦棒と違って、板金と板金のつなぎ目に芯になる木を入れないため、腐りの心配がありません。

板金を一つ一つ、現場で折ってゆきます 。

 

 

2008.2.12 外壁構造用合板取り付け
2008.2.12 外壁構造用合板取り付け


外壁と床が、出来てきました。 空間も徐々に見えてくる時期です。

木工事はこれからいよいよ、長い、長い、造作に入ってゆきます。

 

 

2008.2.19 外壁下地 サッシ取付け
2008.2.19 外壁下地 サッシ取付けけ


外壁にあたる、柱の外側に構造用合板を取り付け、家の剛性を高めます。

その次に白い透湿防水シート(湿気を通して、水を通さないシート)を貼って、壁の中に水分が入ったり、溜まったりするのを防ぎます。

シートの上に取り付けている木の縦長の棒は、外壁の通気層

(下から上へと空気が流れます。これによって、壁内に湿気がたまるのを防ぎ 家の耐久性を高めます。)となるスペースを作ります。

 

2008.2.29.
2008.2.29.

 


今回、内壁、天井断熱にはウールブレスという断熱材を使うことになりました。

羊の毛が材料の、化学物質が含まれていない自然素材の断熱材です。

グラスウールやロックウールの欠点をかなりの部分解決できる素材として 注目されている素材です。

詳しくは、http://www.itnjapan.com/woolbreath/index.html にあります。

どんな断熱材でもその施工状況が悪いと、性能を発揮できません。

隙間なく敷き込むということが何よりも重要です。

 

 

2008.3.4


窓の枠材の造作と取り付けが始まりました。

この家には、3か所の窓に建具屋の作る木製建具(既製品のサッシではなく)が入ります。

そのための窓枠(敷居、鴨居)を大工が作ります。

写真は敷居を組み合わせた断面。材質は米杉(腐りに強い)です。(写真1枚目)

外部では、龍塗装の山城さんが、破風にオイルステインを塗り始めました。こげ茶に着色しています。(写真2枚目)

外壁と基礎の境目あたり、水色の部材は壁の通気層の入り口で、虫が入らないよう網目状になっています。

横に打ち付けてある板は、外壁の左官のための下地になります。ラス板と言います。(写真3枚目)

 

 

2008.3.11


木製建具の枠(鴨居、敷居)が取りつきました。

屋根下の天井に、ウールの断熱材が敷き詰められています。部屋中が羊で覆われています。 屋根では、トップライトの板金工事が完成しました。

結露の水や、中に入ってしまった雨は、自然に外に流れ出るようになっています。

 

 

2008.03.25.


あらかじめ別の加工場で木取りされた、内部の造作材(開口部の枠など)がとてもたくさん運び込まれました。

これから現場で、建具溝の加工をして取り付けてゆきます。

いちばん左の写真は、食堂と居間の境の開口部に枠と格子が取りついたところ。

 

 

2008.04.01.


階段ができていました。残念ながらつくっている途中には出くわしませんでした。

材質はサワラの無垢板。ヒノキと似ている材料で柔らかく足触りがとてもいいです。写真は養生されていて見えませんが。

階段室の真ん中、1階から延びる側板は、合板18mmを2枚合わせにしたもので、2階天井まで立ち上げています。仕上げは、パテでしごいてペンキを塗ります。

ほとんど、天井下地が組みあがってきました。

 

 

2008.04.12.


天井の石膏ボード取り付けです。

1枚目写真の台の上に石膏ボードが積み上げれれています。

これをビスで止めてゆきます。天井の角が直角でない上、傾斜しているので、寸法をとるのがなかなか大変。

右写真は、完了したところ。

天井は、これから継ぎ目にカンレイ紗を張り、パテでしごき、ペンキが塗られます。

 

 

2008.04.22


外壁の左官工事が始まりました。左官の我妻さんです。

まず、仕上げの前に下塗りをします。

壁に割れができるのを防ぐため、セメントにワラスサを混ぜて塗っています。

さらに、道路側の大きな目立つ壁は、メタルラスを2重に張ってくれていました。

 

 

2008.4.25


1階浴室では、棟梁の花輪さんが、壁のサワラ縁甲板(12mm厚)を張り終えつつあります。

サワラは桧に似た針葉樹で、脂分が多く水に強く腐りにくい樹種です。

サワラは適度に調湿してくれるので、換気さえすれば、カビも生えにくいので、浴室の壁や天井によく使う材料です。香りもいいです。


2階では、渡辺さんがしっくい壁の下地である、ラスボードを張っています。

(ラスボードは石膏を紙でサンドイッチして、左官財が食いつきやすいように、引っ掻き穴があいているボードです)

 

 

2008.4.29


2階書斎の家具をつくっています。

今回は造りつけ家具のほとんどを大工が現場で作ります。

材質は、シナのランバーコア合板。仕上げはペンキの予定です。



トイレの小さな台も大工の渡辺さんが作ってくれました。

カウンターがタモの無垢の板で、そのほかの棚はシナランバーコアで、ペンキ仕上げになります。

 

 

2008.5.8.


外壁左官の仕上げです。

今回は、外壁に富士川建材のレーヴという商品を使っています。珪藻土の混ざった外壁材です。

そこに更に白土という小さなガラスのような白い石を混ぜて、我妻さんは塗ってくれています。

混ぜないで塗るのに比べて、光が白く柔らかく拡散して、とても奇麗に見えます。



上塗りを鏝で抑えて、数時間置いたところで、大根おろしのような道具で掻き落としてゆきます。(掻き落とし仕上)

掻き落としは昔から行われてきた仕上げ方ですが、掻き落とすことにより、表面に骨材の砂が出てくるので、一層撥水効果が得られます。

 

 

2008.5.13


1枚目:台所流しの家具を組んだところ

2枚目:便所の腰壁のタイルが貼りあがっています。耐水石膏ボードに接着剤で圧着貼りしています。

3枚目:内部の塗装が始まっています。合板の継ぎ目に、カンレイ紗を貼ってパテ塗りがされています。

 

 

2008.5.16


ホーローの浴槽が設置されました。

隙間にブロックを設置し、タイルの下地を作ってゆきます。

 

 

2008.5.20


足場がとれました!

完成まであと一か月ほどです。

これから、木塀や濡れ縁など、外部の工事が始まります。


内部では、大工さんが家具工事の追い込みに入っています。

この現場では、家具もみな、大工造りなのです。

大工仕事の終わった所から、塗装やさんがペンキを塗ってゆきます。

天井の石膏ボードの継ぎ目のパテ処理の後、水性塗料を2度塗りします。

 

 

2008.6.3.


内部の壁の左官仕事が始まりました。

漆喰に砂を1:1の割合で混ぜた砂ジックイの仕上げです。

漆喰100%の仕上げよりも、ざっくりした印象の仕上げで、光が柔らかく拡散し、優しい印象になります。


混ぜる砂はふるいにかけて、粗い物をより分けます。

 


 

2008.6.5.


小雨の降る中、外部の木工事が始まりました。

使っている材料は、米杉(レッドシダー)です。腐りに強く、持ちがいい木です。

塀も、濡れ縁も、この状態のまま、一度塗装をかけます。

 

 

2008.6.18


玄関のアプローチには、以前に境界線に積まれていた、大谷石を再利用しました。

下地の地面を締め固めて、砂をひいて平らにした上に、水平とレベルを図りながら敷いてゆきます。


駐車場は、グラススペーサーという部材を使って、石を敷き、後からタマリュウを植える予定です。

 

 

2008.6.25

玄関の土間は、玉砂利洗い出し仕上げです。

いったん、砂利を混ぜたモルタルを塗り、少し固まりかけたところを、

水を含んだスポンジで洗ってゆきます。

 

2008.7.5.


いよいよ、最後は、植栽です。日本の木と草花を使った、風と季節を楽しむ庭がテーマです。

日当たりのよい玄関はアオダモを中心に、陽の草花を植えました。

南の庭は、ツリバナとシマトネリコを中心に、地面は陰の草花でしっとりとした庭に。

東の窓際には2階から梢を楽しめるよう、モミジを植えました。

 

 

7/4に無事、建て主さんに引き渡しをしました。
幹建設と大工の花輪さん。職人のみなさん。ありがとうございました。

完成した姿は、works で紹介していますので、ご覧ください。