concept - 設計への思い

心から始まる建築 | たたずまい | 居るという心地 | 包む形 | | 素材 |


居るという心地

居るという心地

住宅にとって一番大切なこと。

それは、そこに居る心地良さ。

その場で、どのような心地でありたいのか。

そして、あらゆる要素が、その場にそうあってほしい心地に終結するよう設計を重ねます。

そして、その重なりが場の奥行きを生み出し、家の深さにつながってゆくのだと思います。

家の深さは、よい光と陰の均衡となって現れ、満ち足りた気持ちの住処となります。

いろいろに変化する気持ちを包み込む、懐の大きな器をつくりたい。